スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のエントリの要約

修正(4月19日)文章の追加
昨日のエントリーを読んでみると、やけにわかりにくいので要約を載っけます。

実験結果により、容姿に優れている人の方が自分に自信を持っており、それが結果的に相手に好印象を与えて就職面接等もうまくいくことがわかる。

この実験結果からわかることは自分に自信を持っている人(この実験の場合だと美人美男)の方が、面接でも何でもうまくいきやすいということだ。

しかし自分に自信を持っているのは何も美人美男だけではない。高学歴者や趣味を持っている人等だって自分に自信をもっている(人が多い)。

容姿がそうでもない人が自分に自信をつけるには、勉強や趣味に走るのも一つの手かもしれない。

けれども勉強や趣味は、美人美男よりも普遍性はない(つまりある限られた範囲でしか通用しない)。

やっぱり美人美男は得なのかなぁ?。

以上です。
やはり文章は書き立てをアップするんじゃなくて、1日おいた方がいいですね(苦笑)。
コメント

まぁ、自信がみなぎっている方が面接官的な受けが良いのは確かです。自分が面接する側だとしてもそう思いますでしょうし。
個人的には、面接を通り抜けるコツは「自信があるように演技する」事だと思います。
少々の無理難題を質問されても「自分はこうやってやり抜けます」と言い切るぐらいの方が能力がありそうに見えます。
そもそも、社会なんてある種の理不尽の塊なので、その入り口から「出来ません」なんて言う人は会社的に疑問符が付くのはやむを得ないのかもしれません。

まぁ、口だけなら安い安い。(笑)

ちなみに趣味で自信を持っていても自慢できるのは趣味の世界だけのような気がします。まぁ、人様にお見せできる趣味なら第一印象の向上には一役買うでしょうが、そこからやり過ぎれば転落するのはヲタク趣味と一緒です(笑)。
何事もほどほどに。

ただの暇人様
旧軍の辻政信や源田実などを見ていると、昔から声が大きくて自己PRがうまい奴が成功するのだなぁと思ってしまいます(笑)。あと他人の批判を何とも思わない精神力でしょうか?w

とりあえずダイエットに精進いたします(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。