スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは本末転倒なのでは?

塾に通えぬ小中学生に“公立塾”


 経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる方針を固めた。
 通塾する子どもとの学力格差を解消するのが狙いで、放課後や土・日曜に国語や算数・数学などの補習授業を行う。
来年以降、団塊世代の教員が相次ぎ定年を迎えることから、文科省では「経験豊富なベテラン教師たちに今一度、力を発揮してもらいたい」と話している。



( ゚Д゚)ポカーン なんだこりゃ?
これをやるぐらいなら、もっと学校に金をつかって優秀な教員や教材をそろえた方がいいのでは?日本の公教育にかける金ってのは世界的にみて少ないんだから(参照 以前書いたエントリ
まぁうがった見方をすると、この部分に本音がありそうw


経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる方針を固めた。


退職する先生への再就職先創出ですか?w

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。