スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生粋のATOK使いの私がGoogle IMEを使ってみた

Google日本語入力を入れてみた(うへぇ)
六分儀先生がおすすめしていたので使ってみました。

はじめに
 私は10年以上ATOK(と一太郎)を使い続けています。使い続けている理由は、日本語変換の賢さ、直感的なキー操作、動作の軽さが挙げられます(辞書がたまにぶっ壊れるのが難点かw)。大学生時代、ゼミ室で使っていたPCにこっそりATOKをインストールして使っていたのは秘密(笑)。だってMS-IME使っていたらイライラするんだもん。


使ってみた感想
 設定で、ATOKと同じキー操作ができるのが嬉しい。動作も軽くてなかなかいい感じ(たまにつっかかるけど)。方々で評価されている変換精度ですが、ATOKとさほど変わらんと思う。IMEのひどさを知らないので、このあたりはなんとも言えませんが。推測変換機能はどうだろう?あまり使えるような候補が出てこない気がする。このあたりは使い込めば変わるかもしれない。

使えるソフトだと思いますが、ATOKから乗り換える所まではいかないかな。まあこのあたりは、長年使っているのでどうしてもATOKびいきな判断になってしまう(笑)。もう、ちょっと使い続けてみます。

タグ : 感想 ソフトウェア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。