スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラノベ]文学少女-神に臨む作家(下)を読んだ

 ついにフィナーレ。いままで文学少女シリーズで出てきた登場人物総登場といったかんじで、とても楽しく読めました。詰め込み感もなく非常にうまくまとめたなーというのが、まず感じた点でした。ななせ派の私にとっては(´;ω;`)ウッ…といった結末でしたが(笑)

 文学少女誕生の秘密を暴いていくところは、特にスピード感もあり、とてもどきどきしながら読んでしまいました。

 しかし、文学少女を読んでいると元ネタの本も読みたくなってくるから不思議だ。こういうことがあるから、本を読むのを止めることができないんだよな。

タグ : ラノベ 感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。