スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雨降り

追記 この記事に関してbewaad氏のサイトで詳しく述べられています。

今日は雨なのでウォーキングはなし。
しかも新聞休刊日Σ(゚Д゚)
とういわけで、NIKKEI NETより
クルーグマン教授「金融政策は物価のため」


米プリンストン大学の記念行事で来日中の同大のポール・クルーグマン教授は8日、日本経済新聞社のインタビューで、名目成長率を政策目標として政府・日銀が共有する案について「中央銀行の使命は物価安定。金融政策は財政を助けるためにある訳ではない」と指摘



うーんクルーグマン先生ホントですか?クルーグマンってタカ派だったかなぁ?



量的緩和解除後の日本の金融政策について「日本はデフレ脱却が見えつつあるが、早すぎる利上げでデフレの長期化に苦しんだ1930年代の米国の教訓もある。2%程度の物価上昇率の定着などを確認してから利上げすべきだ」と語った。



はい、この部分には異論ありません。

テーマ : 本日のニュースより - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。