スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラノベ][ミステリ?]「文学少女シリーズ」を読んだ。

読もうとおもったきっかけ
 最近ラノベなんて全然読んでいなかった私、しかし毎月買っているガンガンの広告で、ガンガンパワードで「文学少女」なるものが連載することを知る。→ん!?文学少女?なんじゃそりゃ?(本が大好きな男は「文学少女」という単語に弱いのです)


というわけでさっそく本屋で2冊ほど買ってきた。んで感想。


切ない話だな-。゚(゚´Д`゚)゚。
あと、意外や意外、ミステリーだったのね。しかも私が好きな安楽椅子探偵もの。

内容紹介
 本書の主人公は、……どっちだろう?一応話は井上心葉の視点で描かれているので、彼が主人公かな?と彼が所属している文芸部の部長である天野遠子が身の回りで起こる事件に(天野遠子が勝手に首を突っ込んで)巻き込まれていく話です。

 本書のおもしろいところは、話のプロットを古今東西の「文学作品」に依っているところ。一作目が「人間失格」で2作目が「嵐が丘」。うーんどちらとも読んだことがないな。まぁ、読んでなくても楽しめます(話の中で結構解説してくれるし(これをウザイと感じる人もいるかも))。

 あと各登場人物も、ちゃんとキャラクターがたっていていい。部長なんて本を愛しているあまり本を(文字通り)たべますからねー。この時点で降参(笑)。

いろいろ書き漏らしていることがありますが、今日はこの辺で。

最近は漫画→ラノベというパターンが多い
 多いなぁ。これもそうだし、あとGファンタジーの連載がきっかけで米澤穂信作品(小市民シリーズ)も読み出したし。最近のラノベ事情を知らない私にしてみれば、こういう企画はありがたい。こういう企画はどんどん出て欲しいなぁ。

……( ゚д゚)ハッ!ガンガン本誌で連載している「禁書シリーズ」はまだ買ってないや。



 
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
(2006/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る

タグ : 感想 読書 ラノベ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。