スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読書]稲川淳二「稲川淳二の怖い話ザ・ベスト」読了

感想
これは駄作といわざるを得ない。

本書は、稲川淳二氏が過去に話した怪談のまとめ集(+新作少し)となっています。稲川淳二氏のファンの方なら一度はどこかで読んだ(聴いた)話ばかりだと思います。

内容自体は問題ありません。問題は文章の表記!おそらく稲川氏の語りを文章中で再現しようと狙ったのでしょうが、文章中にものすごくたくさんの長いダッシュ(正式名称知らない)がでてきます。

例えば――こんな―――風に―――ね。

これが、いちじるしく読むテンポを乱します。別に普通に書いてくれれば良かったのになぁ、あとはこちらが脳内で稲川氏の語りで再現するのに(笑)

あと、やけに重たい(上質な?)紙を使っているのも減点対象。この重さは結構腕に来ます。というわけで、ちょっとこれでは他人に勧められる本というわけにはいきませんね。次作に期待。

稲川淳二の怖い話 ザ・ベスト 稲川淳二の怖い話 ザ・ベスト
稲川 淳二 (2007/05/30)
竹書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。