スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉首相は皮肉がお上手w

金融緩和を解除して二度と元に戻ることあってはならない=小泉首相 ロイター
小泉首相は、「日銀総裁の考え方、日銀の判断がこれからの金融政策上、経済に与える影響が非常に大きい。現在の金融緩和策をいつ解除するかが市場関係者のなかで大きな関心事になっている」と指摘。そのうえで「景気が回復軌道に乗ってきた。財政・金融あいまって、政府と日銀が一体となってデフレ脱却を目指さなければならないという目標の中で、現在の景気回復軌道を頓挫(とんざ)させてはいけない」と述べ、現在の景気・物価状況をどのように見るかが非常に重要だと述べた。
(中略)
日銀に対して申し入れする予定はあるかとの質問に対し、小泉首相は「賢明な日銀総裁のことだから、私の発言も含め、状況を見極めて判断すると思う」と述べた。
(中略)
小泉首相は「率直に申し上げて、まだ、デフレ脱却したとは言えない状況にあると思っている。後は賢明な福井日銀総裁、最高の専門家が揃った会議、良いメンバーなので賢明な判断をしてもらえると思う」と繰り返した。

強調部分は筆者

 いやー、最後の部分なんて日銀に対する強烈な皮肉だと思ってしまう私は、心が病んでいますか(笑)。
 最近政府から日銀の量的緩和解除への牽制発言が続いています。まだ早いと思っている私は、上記の小泉首相(政府)の懸念は(緩和解除→景気失速)もっともだと思います。まぁもうひとつ考えられるのがアリバイ作りですね。つまりここで日銀が緩和解除して失敗して景気が失速したらその責任をすべて日銀に負わせてしまおうと考えているのでしょう。
 それにしても日銀は今回の量的緩和解除にものすごく自信を持っているんだろうな。と思っていたら下記のような記事が配信されてた。
首相発言で揺らぐ市場の確信、量的緩和解除先送りなら大幅変動も
さて、どうなることやら。

テーマ : 政策 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。