スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[政治]美しい国って何よ!

そういえば安部晋三候補のキャッチフレーズは「美しい国日本」だそうで。もう最初聞いたときから( ゚д゚)、ペッって思っているんだが、そもそも美しい国って何よ!?

この言葉から感じることは「いままでは周辺国(中国、韓国)にいろいろ言われてきて何も反論できず弱かった僕だけど、これからは(こーぞーかいかくをして)強くなって、誰からも指をさされない国になるぞ!!」なんだけどな(間違ってる?)。

あとこの言葉って詭弁(ルサンチマンか)の要素も含んでいると思う。
つまり、この言葉は

いままでの日本は美しくなかった(否定)

よってこれからは美しい国を目指す(肯定)

という構造をとっている(と思う)。この構造は一旦あるものを否定することによって自分の言葉を肯定している(これってルサンチマン臭いよなぁ(注1))。しかし本当に過去の日本は美しくなかったのか?いやそもそも国に美しさなんてあるのか?

最後に、私は戦後から今までの日本を誇りに思っていますよ。なんせ廃墟からこんな短期間に世界第2位の経済規模を持つようになったんだから。そして貧困層も激減し(最近増えてるけど)、子供が働かなくてもちゃんと勉強できるような環境を作り上げたんだから(これってすごいことなんだがなぁ)。私は(細かい問題点もあるけど)今の教育制度や社会保障制度に感謝している。だから下手に介入して、この制度をめちゃくちゃにしないでくれorz。

あー、俺ってホントに左翼だよなぁ(笑)。

注1
ルサンチマンは大体次のような構造をとる。
あいつが悪い!!

よって私の方が正しい。
要するに相手を否定することによって自分の正しさを証明する。

タグ : 政治

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。