スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想][米澤穂信]夏季限定トロピカルパフェ事件

米澤穂信氏の作品も3冊目です。

今回は「狼」小作内さんの本領発揮といった内容です。作品構成は今回も連作短編という形式で作品全体を流れる大きな流れがあって、それが最後で分かるという構成ですね。今回も日常の謎系ですが、最後はシリアスな展開を見せます(しかし・・・)。

米澤作品を読んでて思うけど、私は米澤作品を読んでトリックの部分で感心したことがないんだよなぁ。少なくとも加納朋子氏の「ななつのこ」を読んだようなどきどき(驚き)がない。

じゃあ米澤作品の何がいいんだろうって考えてみたんだが、キャラの造形がうまいんだな(特に女性キャラ)あと会話のテンポ。あと青春小説といってもいいような、ぐだぐだな自意識の葛藤を描いたところ(小市民シリーズ)かなぁ。

単に私が年を取って感受性が落ちただけかもしれないけどね。

久々にミステリ関係を漁ってみるか。

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
米澤 穂信 (2006/04/11)
東京創元社

この商品の詳細を見る
ななつのこ ななつのこ
加納 朋子 (1999/08)
東京創元社

この商品の詳細を見る

↑検索して驚いた。ななつのこってもう7年も前の作品なの?orz

タグ : 感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。