スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャル 「ワーキングプア」感想



失業者やフリーターは努力が足りない自己責任だとよく言われますが、私たちが取材した人々の中に努力をしてなかった人は一人もいませんでした。(番組を見ながらのメモですのでかなり不正確です)


というわけで見ました>NHKスペシャル「ワーキングプア」
番組の感想ですが、うーんちょっと焦点がぼやけてるかなぁと。
今回の番組は3つの事象にスポットを当てていました。
・都市部の若者(の非正規雇用)
・地方の労働者世帯
・(非正規雇用による所得の減少に伴う)教育投資低下
3つとも独立させて1時間番組として作った方が焦点がはっきりしたような気がします。

 さてそうはいってもみてて鬱々としてしまったのは事実なわけで、どうすりゃいいのだろう?番組では解決策を提示していませんでしたので(さすがにそれまで望むのは贅沢か)自分なりに解決策を提示してみましょう。

景気回復!!!
以上。

・・・・・・・・ってこのblogで散々繰り返してきたことじゃん(笑)。

もちろん所得の再分配、社会保障制度の再構築等対処すべきことはたくさんありますが、なにはともあれそれには安定的な経済成長が絶対必要です。企業が非正規雇用ばかり雇うのも景気があまり思わしくないからです。所得が低いのも景気が悪いから。なんせ名目値だとほとんど増えてないからなぁ日本のGDP↓
gdp.jpg

出典 平成15年度国民経済計算

ただ今から景気回復しても30以上の非正規雇用は厳しい状況におかれるのは違いないでしょうね。こういうのをどうすればいいか・・・・・・・・。

あと当たり前のことですがバブル崩壊後の経済停滞は政府(というか日銀かw)の経済政策の失敗にあります。だからフリーターや若年無業者って怠け者というより被害者なんですよね。冒頭で掲げた言葉を聞けただけでも、今日(正確には昨日)のNHKスペシャルは価値があると思います。
コメント

良い番組ですが、良い事では無いですねぇ

今、再放送で見ました。
コレは……とても怖い現実問題ですね。

しかも他人事でもなければ、沈殿していく可能セの方が遥かに高いわけですし………

政府も市場もこの問題を解決してくれるわけがありませんし、勝ち組どもノ言う「働く努力と意欲」を示してやれなければおっ死ぬだけだと改めて認識させられました。

お陰様でケツに火は点きましたけど、1ミリも喜べませんよ。

働けど 働けど 
我が暮らし楽にならざり じっと手を見る

                石川啄木

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。