スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IE7bate3(日本語版)を使ってみた

使ってみました。
最初入れたとき、操作途中ですぐ強制終了してしまい
「HAHAHA、さすがゲイツブラウザだぜ!!!」と思ったのですが、調べてみたところATLAS2005(翻訳ソフト)が原因だったぽい。ATLAS2005をアンインストールしたところ、問題なく動くようになりました(´・ω・`)。

タブの操作性はまぁこんなもんかなぁ。Operaみたいにマウスを右クリックしながらマウスホイールを使って切り替えができればいいのだけれど(IEではコントロールキー(Ctrlキー)+タブキー(Tabキー)でタブの切り替え)。タブの切り替えは素早く、ストレスを感じませんでした。

あと便利だと思ったのがコントロールキー(Ctrlキー)+Qキーを押すことによりいま開いているタブのサムネイルが一覧で表示されること。
こんな感じ↓
IE7batess.jpg

Operaにもこの機能つけてくれないかな。ちなみにOperaでコントロールキー(Ctrlキー)+Qキーを押すとOperaが終了します(笑)。

RSSは使ってないので不明。

全体的な操作感はやはりIEというかもっさりしてるような気がします(が以前ほどではないような)。

それにしてもIEもタブ化かぁ。Operaはこれからどういう戦略でIEに立ち向かうのだろう?(セキュリティ?でもそれだけだと一般人に伝わりにくいだろうし)。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。