スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この条項のどこが問題なのだろう?

はてなブックマークより

「家族」を復元させよう 前田邦夫
松浪代議士に続き、またしてもトンデモ文章のお出ましです(笑)。


 「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」
これは憲法第二四条第一項の条文である。第二項の記述は省略するが結婚、離婚、財産についても両性の同権を重ねて強調している。この条項見直しは自民党内の一部でも論議され始めたようだが、女権拡張主義者(フェミニスト)は憲法改悪として見直しに強く反対している。だが、親子の情愛まですべて否定し去る条文の存在が適切かどうか、冷静に考えてもらいたい。



この条項のどこに親子の情愛を否定する部分があるのかよく分からないのですが??


 当時、GHQは日本陸軍、教育、文化の3点を徹底的に破壊する施策を取った。海軍は壊滅していたが、強力な陸軍は残っており、日本の優れた教育制度と文化、伝統が占領行政には邪魔だったのだ。柔剣道や東海林太郎の流行歌まで厳禁され、親孝行など日本古来の文化と良俗秩序は見事に破壊されてしまった。


えー、戦後、海軍より陸軍の力が強大だったのですか?戦後陸軍が排斥されたのは事実ですが、海軍は結構影響力を残してましたよ。それと柔剣道だってその後解禁されたのですが・・・・・・。たった何年かの禁止で崩壊するほど、日本の「文化」や「良俗秩序」は貧弱なのですか?(笑)


断っておくが、ここでは旧民法の家長制度を復活せよと主張しているのではない。良俗秩序は家族共同体が原点であると主張しているのだ。男女同権や両性の合意などは理の当然であり「日本にはない」とわい曲するのはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のでたらめ米国審判と同じことだ。女権拡張主義も行き過ぎると害悪につながる。


家族に幻想を持ちすぎ。


「両性の合意」を口実に不純行動にふける10代の少年少女、同居別居の繰り返しで子を虐待死させる男女など、日本の良俗秩序は一体どこに行ったのか。


10代というのは幅広いですからね。とりあえず男は18、女は16歳以上なら法律上問題ありません。あと援助交際はけしからんとも思っているかもしれませんが、買っているのは「おじさん」連中ですからねぇ。日本の風紀は全世代にわたって崩壊している見たいですねぇ。嘆かわしいことです(笑)。


根源は憲法第二四条の家族否定にある。愛情いっぱいながら、しつけには厳しい家庭など家族共同体はまだ残っている。良俗秩序に有害な条文はあっさり削除するのが適切である。


だから憲法24項のどこに問題があるの?

あー、ほとんど全部引用して突っ込んじゃったorz。しかしこんな文章が論説として載っちゃうなんてorz。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。