スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の若い人たちは本当に変わったのだろうか?

いつの世も「最近の若者はなっとらん」という言説はあります。現在でもメディアやネット(blog)でよく聞く(盛り上がる)話題です。

そこでよく聞く言葉といえば、「ゆとり教育世代」(否定的な意味合いで使われることが多い)、「性の乱れ」、「倫理・道徳心の欠如」、「快楽的」等々ネガティブな言葉ばかりです(ネットはそうでもないか)。

そしてその解決方法として挙げられているのが、「自衛隊に入れろ」
や「体罰復活しろ」懲罰的なものばかりだったり・・・・・。

ホントにそうなのかなぁ?

うーん、最近の若い子(中高生)にいろいろ聞きたくなって来たぞ。
しかし、道端でいきなり声をかけるのは通報される危険性がある(笑)
なんとか怪しまれずに聞く方法(接する方法)がないかなぁ。

私より年上の人(30~70代)とは、私の趣味(将棋やボドゲ)の関係もあってよく話をするんだけどね。若い人とは接点がない(苦笑)。

大学の後輩を見てるとしっかりした目標を持ち、そこへ向かって努力している人が多いので(あくまで半径5メートルの世界での認識)、そうでもないんじゃない?と思うんだけどなぁ(少なくとも留年した私より立派(苦笑))

しかし、私がよく話をする大学の教授によると2年前ぐらいから理解できない行動をとる学生が出てきたみたい。
例えば、講義には毎回出ていたのに試験で白紙をだす子や、講義にでて来ないのに、単位くれという子(これは以前からいたか)等。

実際どうなんだろ?
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。