スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの趣向の違う作品が読める本(「そして名探偵は生まれた」(歌野晶午著)感想)

目次
そして名探偵は生まれた
生存者、一名
館という名の楽園で

感想
 作者の中編を3つまとめた作品集。「そして名探偵は生まれた」は、やたら現実的な名探偵と、探偵に憧れ(幻想とも言う)を持っている助手が主人公のドタバタもの……といったら語弊があるか(笑)。まあこの作品集の中では、ちょいとブラックですが、ユーモアのある作品です。

 「生存者、一名」は、ある人物の手記をという形のサスペンスもの。あらすじは、爆弾テロを起こした教団信者4名(プラス2名)が、ほとぼりが冷めるまで絶海の孤島に身を隠すのだが、次々殺されてしまう。いったい犯人は?ラスト一行から受ける「奇妙な味」は、乱歩作品が大好きな人なら気に入るでしょう。

 「館という名の楽園で」は、感傷的な作品。大学のミステリ研究会に所属していた主人公達が「館」に招待される。そこで、同じミステリ研究会の仲間だった「館」の主人と「推理劇」に興じるという作品。最初主人公達は、嫌々ながら、「館」の主人の「推理劇」につきあうのだが、途中でのめり込んでしまうのは、ミステリ好きの悲しい性か(笑)。

 この作品を読むと、大森庄蔵という哲学者の「幻は、幻と分かるまで現実なのだ。」という言葉を思い出してしまう。この作品のラストは寂しく悲しい。でも推理劇に興じている間は、幻想ではなく現実として「館」はあったのだ。


 この感想を読むと、謎が全然ないと思われるかもしれませんが、各作品とも提示される謎と、トリックは、歌野晶午作品らしくなかなか骨のあるものになっています。
スポンサーサイト

タグ : ミステリ 感想

| TOP | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。